データーセンター

みなさん、こんにちは。

2013年が始まったと思えばもう10月末です・・・あと2か月で2013年も終わりになります。
月日が経つのは早いですねー。今年は何があったかな・・・

それはさておき、今日はデーターセンターのお話をします。

パソコン、iphone、などでインターネットに毎日接続していますが、その先にはデーターセンター、
その中にはサーバーが設置・存在していますね。
みんなそれに接続しています。
データーセンターは、涼しい環境で24時間365日休みことなく稼働しています。
また、データーセンターは世界各国にありますが、日本国内は9万500の数があると聞いています。
ただ国内のデーターセンター数は減少しており、来年2014年には約一割減少してしまうそうです。
海外にも多数データーセンターはありますが、グーグルやマイクロソフトなど大規模なデーターセンターの
設置は進められているそうです。

データーセンターには24時間365日人が常駐しております。データーセンター内を常に
監視している人たちがいて、その人たちが気づいてデーターセンターの常駐している作業員に
作業依頼することがあります。まあ工業製品なので故障することもありパーツ交換したり移動させることも
ありますね。
またデーターセンターは毎日休みなく作業がされていますが、忙しいところだとおもいます。

さて、サーバーを運用する際、ホスティング事業者へお願いしますが、専用と共用があり
どちらか選ぶ必要があります。
専用サーバーは1台を1ユーザで独占利用するサービスで、
共用サーバーは1台を複数のユーザで共有利用するサービスになります。

まあ、パソコンしている一般の人はそれが専用か共用か見分けはつかないと思いますが・・・

また、続きは今度にします。

  Comentarios deshabilitado para este post    

パソコン中心の生活

2013年が始まってもう半年経過しました・・・もう6月です。月日が経つのは早いですね。

月日が経つのが早いと言えば、私は結婚して子供が産まれて、子供がもう7歳です。
最近では子供が家のパソコンにてインターネットに繋ぎ、良くYOUTUBEを見ていますね。
クレヨンしんちゃんやドラえもんとかアニメですが・・・
妻はオークションやファッションサイトを良く子供が寝た夜に見ていますね。
子供は朝起きてすぐ、ご飯食べてから、ゲームをしながら・・・夜寝る前に等、
親の私よりパソコンでネットしています。

パソコン中心の生活と言っても過言ではないようです。
そんな中、たまに家のパソコンはインターネットに接続できなくなります。
大問題です。

Internet Explorerを起動すると、次のメッセージが表示されるのです。
・「サーバーに接続できません」

接続先のサーバーの問題かと思いきやケーブルテレビの無線LAN経由での接続なので
良くルーターの再起動をします。

そんな毎日パソコン中心の生活を送っていますが、ITという分野でパソコンの普及、
携帯電話の普及、次はスマートフォンの普及があって、このクラウド時代の中で、
スマートフォンが大きな変化を見せていると思う。メールや写真や動画などネット上に
ストックしておいてどこでもブラウザ経由で特定の人たちと共有できるようになっているのだから。

自分も妻もスマートフォンだが、パソコンのない公園とか、外では時間が空くと
Facebookします。子供も真似してスマートフォンを触りたがり、ゲームやネットで遊んでいます。

ショッピングモールや公園に行くと他の家族も同じで、スマートフォンに誰でも繋いでいるという、
この光景を良く見る最近の現代日本の様子です。

 

  Comentarios deshabilitado para este post    

ネットショッピング

2013年、年が明けてから何をしていたのでしょう。
もう2月です。月日が経つのは早いですね。

年末年始はお正月気分で外へ出て、初詣や飲み会、コタツでミカンを食べて
テレビを見ていた人もいれば、ウインタースポーツ(スキーやスノーボード)
していたっていう人、またはショッピングセンターなどでショッピングして
いたっていう人も多いかもしれませんが、それにも増してネットへ接続した
機会も増えたのではないかと思います。

ネットへの接続と言えば、サーバーへ接続するということですが、サーバー
って世の中に何台存在していて世界中のサーバーは何台ネットワークに繋がれ
ているのでしょうか。世界人口より多いのでしょうか。

また、同時にインターネットへ繋いでいる人口はどれくらいでしょうか。
同時に1台のサーバーへ接続しに行くと繋がらなくなることがあるかもしれません。
でも、そうならないように人気のサイトなどはサーバーを複数台構成で分散させ
ているようですね。
人気のサイトの一つにネットショッピングがあります。実は私の嫁も毎晩PCを開
きネットへ繋いでいます。何をしているのかと聞くとオンラインショッピングと
いうわけです。数百円のものから数万円のものまでネット上で売買が行われて
ます。購入するとその翌日には宅急便で品物が送られてきます。世の中で店舗・
ショップは今後不要となっていくのでしょうか・・・

ネットショッピングだと、人件費も経費削減できますね・・・サーバー上では誰
がいつ何を購入したかデータを蓄積して、今後の売り上げに繋げる情報収集もし
ているだろうし、人間よりも正確なデータですね。今ではこのネットショッピング
のサーバー稼働は欠かせないものになっていますね。

  Comentarios deshabilitado para este post    

オンラインゲーム

最近オンラインゲームが流行していますよね。

オンラインゲームは、コンピュータ・ネットワークを介してサーバーや
クライアントマシン(パソコン、ゲーム機など)と接続し、
同時に同じゲームを共有することができる遊びを指していますが、
特に最近気になるのはコンピュータRPGの人気シリーズ
『ドラゴンクエスト』は「ドラゴンクエストX」がついに2012年8月2日発売となりました。
まだ購入していないですが、行列ができたのではないでしょうか。

昔はこのゲームの購入を巡り傷害事件にも発展したくらいの人気ゲーム、
これもオンラインゲームとなりましたね。

さて、オンラインゲームの裏側にはたくさんのサーバーが稼働していますよね。
アクセスし辛くなると処理が間に合っていないようで、緊急メンテナンスを案内し
増設してアクセスしやすくするそうです。

オンラインゲーム用のサーバーはたくさん必要で、すぐ用意でき、処理能力も求められますよね。
このような運用も大変だと思います。
過去家庭内だけでゲームしていたのに、今はオンラインゲーム全体を
運用・監視している側も楽ではありませんね。

また、オンラインゲームのサーバーへは世界中たくさんの人々がアクセスしています。
高速で、常に遊べて、定額制のブロードバンド・ネットワークが普及したことによって、
また家庭用ゲーム機のWiiやプレイステーション(PlayStation)やDS・PSPなどは有名ですが、
それらがネットワークに接続できるようになり、オンラインゲームを楽しめるようになってきています。

今後より一層、オンラインゲーム市場は本格的な拡大が期待されているようです。

  Comentarios deshabilitado para este post    

自作サーバーに接続する喜び

自作PC、自作サーバーなど、自分で作り上げることができる人って多いですよね。

最近は特にサーバー関係に強い人が増えてきたかと思うのですが、
それ以上にPCをカスタムできる人がおおいに増えてきているかと思います。

PCもただ売り出されているままで使い続けるよりも、
メモリを増やしたり、外付けを増やしたりするなど何らかの工夫をするだけで
また新たな機能ができたりして使用方法も広がります。

もちろん新たな機能を増やすだけじゃなく、
自分のPCの壊れた個所だけを外付けすることによって
補う事も可能なので捨、一部が壊れたからといっても
まったく新しいものに買い替えなくても済むということです。

自作サーバーと話はずれましたが、自作サーバーもそういったものと似ているように思います。

単なる自己満な場合もあるかもしれませんが、自作する意味というのは
例えば、売りだされているもののどこかが自分的に都合が悪い場合、
また、気にくわないと言った場合などに、自分好みに作り上げるという事だと思います。

ただ、いざ自作サーバーを作ったからと言ってそれがいいものかどうかは
自分が実際に使ってみて判断するしかないわけですが、
自分的には最高な作りだと思えても、他の人にはそう思えないような作りになっているかもしれません。

まぁ自作サーバーの場合は実際に売り出すわけではないのですから、
自分好みに仕上げることができれば、それが一番成功したと言えるんですけどね。

  Comentarios deshabilitado para este post    

接続するサーバーいろいろ

サーバーに接続しているからネットが閲覧できる環境になっているわけですが、
このサーバーというのにも色々と種類がありますよね。

例えば接続したりパソコンを普通に使用するのに必要なものと言えば
Webサーバ、メールサーバ、プリンタサーバ、アプリケーションサーバ、
DNSサーバ、DHCPサーバ、データベースサーバ、ファイルサーバ、
アカウント管理サーバ、など実に様々。

一般的によく知られている・使われているかと思われるのが
Webサーバやメールサーバ、そしてプリンタサーバなどだと思います。
とはいえ全て必要なものではあるのでなくてもいいというわけではないんですけどね。

また、意味合いが違いますが、個人や法人というのは問わないで、
一般的に広く使われているものは「共用サーバー」ではないでしょうか。

“共用”という言葉からもわかるように、1台のサーバで
複数のユーザーが割り当てられて、共用しているというのがいわゆる「教養サーバ」。

費用は月額で何百円~千何百円程度からあるので、
運営していくにあたって安くつく場合が多いのでそこが大きなメリットだと思いますが
サーバー運用の自由度が低くなるのがデメリットな面ですかね。
また、HDD容量が少ないのも一般的。

そして専用サーバというものもありますが、専用サーバはその名の通り、
自分専用のサーバです。

そういったものを比較する際には、商用利用の有無や機能、
ディスク容量、Webサーバーの収容人数など環境面をしっかりと把握しておきましょう。

  Comentarios deshabilitado para este post    

ゲーム機でサーバーに接続

サーバーに接続されている時、やけに遅い場合ってありませんか。

インターネットが今ほどは普及されていなくて、まだ一家に1台PCが必ずなかった時代、
よくこんなことがあったような気がします。

今でもIPアドレス分散サーバーなどで海外のものを選んだ人なんかに
よくあることのようですけどね。

懐かしい話になりますが、当時はWindows98を使っていました。
Memphis(メンフィス)とも呼ばれてましたね。

我が家はパソコンの普及が遅く、
ニンテンドーゲームキューブと同時期くらいに発売された
セガのドリームキャストでネットにつなげていました。

しばらくはそれでも我慢していたものの、ネットの便利さ、
ドリームキャストでサーバーに接続されている時の繋がりの遅さ
(当時はISDNだったかな?)にさすがにうんざりし、
我が家にもその1年後にデスクトップのバイオのパソコンを導入することになりました。

それでも今の光と比べるとかなり遅いなと感じていましたが
パソコンが来た時にはかなり早く感じたので嬉しかったですね。

何よりもゲーム機でサーバーに接続するよりも
非常に使いやすい(笑)

一生懸命タイピングのゲームでキーボード操作を真剣に覚えたりして
何気に楽しかった記憶があります。

でも今思えば、「サーバーに接続しています」・・・という文字がなかなか消えない
ゲーム機を通してのネット閲覧はかなり苦痛ですけどね。

当時はこれしかないと思っていたので、そんなものでもなんとか
我慢して使えたのでしょう。

今のように小学生でも普通にネットが使える環境になったのは
当時の自分らと重ね合わせるとうらやましい限りですよね。

  Comentarios deshabilitado para este post    

サーバーに接続する際には・・・

あっという間に11月。
年末にかけて色々と忙しい時期になりますね。

サーバーに接続する機会も増えるのではないかと思います。

接続と言えばメールサーバーがパンク寸前になるのが年末である
大晦日から元旦にかけての「あけましておめでとうメール」ではないでしょうか。

年賀状の代わりに、また、年賀状とは別の新年のあいさつとして
携帯電話が普及してからはもはや当たり前のあいさつの形になってきていますね。

ただあの時期はメールサーバーの接続がありえないくらい悪くなります。

みんながいっせいに使う事によってパンクするというのは当然の流れですからね。
年越しの瞬間だけに限らず、今年あった東北の大きな震災の際にも同じような事がありました。

家族や知り合いの安否確認の為にみんなが一斉にメールや電話がつながらないといったことがありました。

早く安否確認をしたい気持ちをぐっとこらえて、今現在安全な地域にいる人は
自粛するという気持ちでいる事が、結局人助けにつながるかもしれませんよね。

話はずれましたが、これから忙しくなる年末年始、サーバーによっては
なかなかつながらなくなったりすることもでてくるかもしれませんね。

大概は大丈夫だと思いますが、冬のボーナスが出る時期になってくると
ショッピングサイトなんかでもセールなんかしているとたまに混雑している場合も多く、
「しばらく経ってから・・・」という表示が出ることもあるでしょう。

ネットにつないでいる時はあまりイライラせずにすごしたいものです。

  Comentarios deshabilitado para este post    

無料レンタルできるサーバーについて

無料レンタルサーバーってご存知ですか?
無料レンタルサーバーと言うと「なんで無料なの!?」「それで元が取れるの!?」
なんて考えて、最初から信用できない人も多いと思います。

とはいえ、無料とつくほどありがたいものはないです。
でも、できればその無料になる理由というものを知った上で契約したいを考えますよね。

例えば無料のレンタルサーバーの場合、勝手にデータを消されたというケースが結構あるようです。

無料の場合、サーバー側からあらかじめサーバーに負担がかかる場合には予告なく削除する場合もあるという事を説明してあるケースが多いので、それを契約者がきちんと理解していないからこそトラブルが起こるわけですね。

無料=料金面以外のリスクがあるという事をしっかりと頭に入れておかなければいけません。

都合が悪くなったら切られる、まるで派遣切りのような感じですよね。

無料のレンタルサーバーを利用している場合、せっかく積み上げてきたキャッシュが詰まった
データそのものが消えてしまうことももちろん怖いのですが、
急に自分の運営しているアドレスがなくなるというのがある意味一番怖いリスクなんですよね。

例えばそれで収入を得ていた方の場合、アフィリエイトなどの為に、相互リンクを重ね、更にこれまでの間に数百、数千、そして数万件という数の検索エンジンに登録し続けていたとなると、それがすべてなくなりやり直しとなるのは本当に辛いですからね。

そうならないためにも、なるべく保証がついているもの、そして安くてもいいので
有料のレンタルサーバーに接続しておく方がいいという事ですね。

  Comentarios deshabilitado para este post    

サーバー接続に関するトラブル

使用しているレンタルサーバーが不安定で、何らかのトラブルによって急にサイトが飛んでしまっていたり、
〇〇年の〇〇日以降から今までの更新してきた分がすべて消えてしまっている・・・
などの理由によってサーバーを乗り換えようと考えている人もいるかともいます。

ただ、サーバーを乗り換えるのはいいのですが、もう一つ新たにレンタルサーバーを開設して、そこに移すまでの間でまた失敗などしないように接続後は特に慎重に作業しなければいけません。

特にどこかのSEOの企業のようにサテライトサイトを量産しているところなんかの場合、移す量(サイトの数)も半端じゃないので、1つ2つ中身が入れ替わってしまっていた・・・・なんていうトラブルももしかしたらあるかもしれません。

人間だからこそ間違いは起きるものだと思いますが、
一つ一つのサイトずつ時間をかけて手作業で移行作業を行っていけば、
同じ作業の繰り返しで頭がおかしくなってくることもあるでしょう。

その都度確認しながら行っていればある程度は防げる問題ではあるものの、
作業にかける時間が限られていれば、そればかりに時間をかけることも難しくなってくるので、
ひとつひとつの作業をおおまかに、簡単にチェックしながら
着々とひとつひとつのサーバーに接続し直して移行していかなければいけないという作業が
大変ではありますが、かなり重要な作業になってくるかと思います。

トラブルがない、保証がある・・・というのが1番理想なんですけどね。

  Comentarios deshabilitado para este post    

Pagina Siguiente »